携帯サイト
携帯サイトはコチラから

HOME > インプラント

インプラントの診断

CT撮影による診断をもとにしたインプラント治療。

南原歯科医院では、インプラント治療を望まれる全ての患者さんに、CTによる画像診断を行っております。
「より安全に、より安心して、より確実なインプラント治療」を進めていく上では、CT画像による診断は不可欠だと考えているからです。歯科用CTの普及率は国内全体で約6%、長崎においては約4%でしかありません。
そこで当医院では、いち早く歯科用CTを導入し、今までは諦めてしまっていたような難症例にも対応が可能となりました。
術前にインプラントを施す部位の骨の形態、形状が把握でき、立体画像による術後のシミュレーション(術後の予測)ができる為、安全、安心、確実なうえに、よりスピーディーに手術を終えることができます。術後消毒に来られた患者さんのほとんどが、「思っていたより痛くなかった。」「ほとんど痛まなかった。」とおっしゃっておられます。
それから、歯科用CTはデジタルレントゲンなので、従来型のレントゲンに比べ、放射線量が1/10〜1/4程度と少なく、人体への影響も、それだけ少なく安全といえます。
近年、インプラント治療は特別なものではなくなりました。それだけにインプラント治療におけるトラブルが後を絶ちません。
例えば、神経を傷付けて麻痺が残ってしまったり、動脈を傷付けて出血がおさまらず窒息したり。これらの問題を解決するためのしっかりとした診断、そして基本に忠実で確かな技術が、患者さんの期待に応える自信へとつながります。
当医院では、年間50症例(週1回)以上のインプラント手術を行っています。南原歯科医院のスタッフは、インプラント治療に対して真摯に取り組み、インプラント治療における高い知識と技術を身につけ、より高い理想を追い続けています。
                    

インプラントコーディネーター 香月武

< 経歴 >
・佐賀医科大学名誉教授
・日本口腔外科学会名誉会員
・日本口腔外科学会指導医
・日本口腔インプラント学会評議員
・日本口腔インプラント学会指導医
・日本顎変形症学会名誉会員
・スリランカ、ペラデニア大学客員教授
・チュニジア、スース大学客員教授
・ヨーロッパ顎顔面外科学会会員
< 著書 >
・インプラント・口腔外科のための手術の基本と外科解剖
・負担の少ないインプラント治療 / オーラルサージェリーのための超音波装置バリオサージ
・唇裂手術アトラス
・多血小板血漿(prp)の口腔への応用
 

インプラントとは

骨に直接、人工の歯の根っこを埋め込み、その上に人工の歯を被せる方法です。

インプラント(これまでインプラントを諦めていた方もご相談ください)

【 施術例 】 向かって左奥歯3列の施術

インプラント施術前インプラント施術後

当医院では超高度感染防止対策を行っています!

インプラント施術
インプラントを安心して受けていただくために、手術専用の個室を設け空気・飛沫感染や感染担体の完全除去など最高度の感染予防対策を実施しています。
上記の術式のほか、患者さんの症状に応じて様々な術式をご用意しています。
南原歯科医院では、高い技術力と深い思いやりをモットーに日々努力しております!
なんでもお気軽にご相談下さい!

Copyright (C) 2011 Minamihara Dental Clinic. All rights reserved.